神戸牛とレストラン

  •  肉好きでしょう。

     世の中にはベジタリアンも多いし、肉が苦手な人だっているけれど、肉が好きだっていう人に比べればその数は劣るはず。それくらい、人間は肉が好きである。肉食。

     実際、レストランに行ってみると肉のメニューが多いし、焼肉もあるし、しゃぶしゃぶもある。肉のオンパレードである。家で肉を買って焼いて食べることだって今の時代はとてもたやすいこと。

     が、スーパーに売ってある安い肉の大半は外国産である。オーストラリアやアメリカ等。日本で生産されている肉だってあるが、値段は海外産に比べるとちょっと値が張るのが難点。

     でも、値が張るが故にとても美味しいということを忘れてはいけない。特に牛肉に関しては様々な土地で生産されている。最も多いのは北海道だが、他の地方も負けてはいない。中にはブランドが付いたものだってある。

     例えば有名なのは三重の松阪牛。佐賀の佐賀牛。滋賀の近江牛。宮城の仙台牛。あげたらキリがない。おまけにこの牛肉はとっても高価。この食材を使ったレストランのメニューはなかなかの値段。千円以内で収めることはほぼ不可能。

     そんなブランド牛肉が蔓延る中、最近耳にするのは神戸牛ではないだろうか。

     神戸といえば、関西における大都会の一つで、港町と称されている街なのだが、牛肉を生産している街とは思えない。何処に牧場があるのだろうと思う人だっているはず。しかし、神戸で飼育されている牛全てが神戸牛になるわけではない。ちょっとした理由があるのである。神戸牛レストランで注文をする前に一度本サイトの神戸牛に対する記事を読んでみてほしい。